<第一章>アゼツからの伝言


2009年4月5日。

ラジオのように繋がったgobrasから交信が全ての始まりでした。    

 

ラジオのように流れてくる言葉をひとつずつ、意味も分らず書きとめたのです

毎日、交信時間は違い、言葉の聞き取りにくい日もありましたが、

日常使っている白檀香を焚くと不思議と良く聞えました。

そして受け取った言葉を文章にして改めて読むと、涙が溢れました。

     

【我が魂・心の啓示】を受け取って2年近く 

私には、この啓示を公表する勇気がありませんでした。

 

それは信心と慈悲、思いやりと愛の欠如からくる自分との葛藤、

苦難の長い道のりでした。

        

この啓示を、どうぞ心に受け止めてください。   

そして神の思いと愛を、どうか受け取ってください。  

これが、今の私の願いです。

                                

ひとりでも多くの方に我が魂・心の啓示】をお読みいただき、

新しい時代が耀く“光の時代”になりますように、心からお祈りいたします。